ホームレス ドランカー

ラム酒入門:風味による6分類

(1)ラム酒とは (2)風味による6分類とテイスティング ①ライト&シンプル ②グラス&ハーブ ③トロピカルフルーツ ④フルーティ&スパイシー ⑤ドライ&スパイシー ⑥リッチ&シュガー (3)入門方法 (1)ラム酒とは ラム酒は、主にアメリカ南方のカリブ海…

ローランドとオーヘントッシャン12年/ Auchentoshan 12y

癖が全く無く、軽快でドライ。アルコール感が気になる場合はロックやハイボールにするとより楽しめる。カクテルでの用途にも向いている、万能な味わい。

アイランズとアラン10年/ Arran 10y

今回は旧ボトルのテイスティング。潮気やシェリー感、バニラ感のバランスが良い一本。スコッチウイスキーの色々な要素を含んでいて、かつ飲みやすい。家のみにも最適。

ハイランドとグレンモーレンジ10年/ Glenmorangie 10y

夏場にサッパリ飲みたい味わい。ストレートでも美味しいですが、ロックやハイボールでも楽しみたい味わいです。味に全く癖が無いですが、ややアルコールの角があるので、個人的にはロックで注文して、途中で炭酸を足すのが楽しいのではないかと思います。

キャンベルタウンとキルケラン12年/Kilkerran 12y

変な癖が無く、潮気やピート香、バーボン樽由来のバニラやバター感、シェリー樽由来のブドウ感、爽やかなフルーツ、麦芽と幅広く複雑な風味。突き抜けた面白味は無いものの、安定感がある。色々なシングルモルトを飲む際の、一つの中心的な基準として置きた…

スペイサイドとグレンリベットFR/Glenlivet Founder’s Reserve

とにかく癖が少なく、フルーティーさやフローラルさが楽しめる、初心者でも楽しみやすい一本。値段も安いので、ストレート(トゥワイスアップくらいの加水もGood)からロック、ハイボールまで楽しめる。12年に比べてアルコール感が若干あるが香りは立つので…

アイラ島とラフロイグ10年/Laphroaig 10y

ピート香、甘すぎないバニラ、切れ味の良い味わいは最高。心躍るというより、落ち着く香り。癖が強いから食事と合わないと言う訳ではなく、磯臭い魚介やチーズとの相性は良い(アイラ島では生牡蠣にかけて食べる事もある)。初心者厳禁とも言われるが、個人…

テイスティングマップを使って、好みのスコッチウイスキーを探そう/Scotch Whisky Tasting Map

この記事では、これからスコッチウイスキーに挑戦したい方、幾つか試したけど違う特徴のものに挑戦したい方、周りに相談できる人がいない方のために、ウイスキーのテイスティング・マップを紹介しようと思います!