ホームレス ドランカー

グレンスコシア ダブルカスク/Glen Scotia Double Cask

キャンベルタウンらしい塩辛さと、青いフルーツの香り、バニラやキャラメルの甘さ。やや塩辛さが強いので、ナッツなどのおつまみと合わせるか、ハイボールなどに向いている風味。

ラフロイグ 10年 カスクストレングス バッチ6/Laphroaig 10yo Cask Strength Batch 6

秀逸な出来。10年カスクストレングスらしいラフロイグの力強い個性と、10年とは思えない複雑な甘さが同居。余韻もとても長い。最近の10年カスクストレングスのなかでも高評価だったのも納得の素晴らしさ。蜂蜜感が強いので甘さが苦手な人には向いていないと…

グリニッジ ウィンター・スパイスド・ポーター/Greenwich Winter Spiced Porter

シナモンやクローブなどをミックスしたポータービール。イギリスではクリスマスにクリスマスプディングと呼ばれる、スパイスが効いたフルーツケーキを食べるが、それをイメージさせる商品。

グレンロセス 12年/Glenrothes 12yo

華やかなスペイサイドらしい香りとは違い、飲み口はそこまで甘くなくどっしりパンチがある。少量加水くらいがちょうどバランスが良くなってオススメ。香りは12年と思えないほど円やか。ロックやハイボールでもポテンシャルを存分に発揮できる風味。

ハイバー ハニーブロンド/Hiver The Honey Blonde

容量:330mL アルコール度数:4.5% 種類:ブロンドエール 産地:イギリス(イングランド) イギリス・ロンドンのクラフトビール。特徴はロンドン近郊で採れた蜂蜜を使用している点で、アルコール発酵前に加えているようです。 風味は確かに蜂蜜。甘いシロ…

ラガヴーリン 2001 ディスティラーズエディション/Lagavulin 2001 Distillers Edition

安心安定のラガヴーリンの風味。どっしりした酒質にピートの雄々しさ、そこにペドロヒメネスシェリーらしい蜜のように甘い赤いフルーツ感が加わり、温かい印象を受ける。ラガヴーリンは基本的には16年のみ、そこに8年やディスティラリーエディション、ディア…

アードベッグ グルーヴス/Ardbeg Grooves

かなり強く焦がした樽の影響が出ていて、フルーティさも増しているが、それ以上にビターさが増した印象。かなり癖のある風味だが、甘めのチョコレートとの組み合わせは凄く良かったのでオススメ。

ブラー XO カルヴァドス ペイドージュ/Boulard XO Calvados Pays d'Auge

甘みと酸味、ビターさと熟成香のバランスが良く、飲み疲れないシャープな味わい。表現が低レベルな気がするが、凄く美味しい大人のアップルジュース。同じブランデーであるコニャックなどと比べると酸味がより強く心地良い。食前・食後酒としてサッパリ飲む…

キャストレード バス・アルマニャック 1984/Castarède Bas Armagnac 1984

熟成期間の長さの割には、パンチがありスパイシーな味わいで、コニャックとの違いを感じさせてくれる。香りはバニラやカスタードの甘みがかなり強いが、味わいはスパイシーで力強く、飲みごたえがある。甘すぎるブランデーが苦手な人は、コニャックよりアル…

アードベッグ ドラム/Ardbeg Drum

ラム樽由来のフルーティもあるが、基本はどっしりアードベッグ。スモーキーでビターな余韻が長く心地良い。アンオーやウーガダールよりフルーツが熟した南国系に近く、ヨード感や塩気が強め。飲みごたえも十分あり美味い。ただどれが好みかと言われると、ウ…

オクトモア 10.4/Octomore 10.4

オクトモアの○○.4シリーズは初めて飲んだが、オクトモアらしい強烈な焦げたウッドスモーク、シロップやフルーツの強い甘み、タバコや土っぽいニュアンスが、絶妙に調和していてとても旨い。他の銘柄なら、それぞれの要素が強烈過ぎてバランスを崩してしまい…

ポートシャーロット 10年/Port Charlotte 10yo

アイラピートではなく内陸ピートのスモーキーさ。ブルックラディと言えば多彩な樽熟成に特徴があるが、このポートシャーロット10年も、ワイン樽の影響を大きく受けた複雑で濃厚な風味がピートに負けておらず、さすがの一本。コアレンジの10年物と思えないほ…

ロンサカパ センテナリオ23年 & XOセンテナリオ/Ron Zacapa Centenario 23yo & XO Centenario

ともに甘いだけでなく、熟成感や風味の広がりがあって素晴らしい。23年は4000円前後というコスパの良さが光る。樽由来のスパイシーさやスモーキーさも、味に奥深さを与えてくれている。XOは最後のコニャック樽後熟の影響やバーボン樽の影響が顕著で、ブドウ…

ボウモア 18年 & 25年/Bowmore 18yo & 25yo

フルーティさだけでなくピート感も意外と残っていてパンチのある18年と、そこから更に熟成感が増した12~18年のコアレンジ品の集大成ともいえる25年。赤いフルーツ感がどんどん増していき、熟した甘さと上品なピート感のバランスの良さが心地いい。また若干…

ボウモア 12年 & 15年/Bowmore 12yo & 15yo

アイラモルトとしてはとても上品なピート香と、バニラ&フルーツの甘みのバランスが良い。バニラの甘み中心の12年、熟成感とシェリー樽の赤いフルーツ感が前面に出てくる15年、とそれぞれ違った側面がみられるラインナップで飲み比べていて楽しい。アイラ初…

スプリングバンク 21年 2019年リリース/Springbank 21yo 2019 release

モルトの香水の名に恥じない素晴らしい出来。フルーツポンチを煮込んだような濃厚なフルーティさ、潮気やスモーク感、麦芽感など、それぞれ強い個性を持っていながら高い次元で調和している。力強さと華やかさが同居した素晴らしい一本。25年物よりは安いと…

グレンタレット 12年/Glenturret 12yo

素直で華やかな風味。強烈な特徴がある訳ではないが、バランスが良く、これぞスコッチというような風味が楽しめる。スペイサイドウイスキーに系統は近いが、ハイランドっぽく麦芽感もしっかり感じられる。アルコール感も無いので、ストレートでもハイボール…

ブッカーズ バッチ2017年-01E/Booker's Batch 2017-01E

濃厚なバニラとローストした樽感、甘さはメープルシロップのような樹液感だけでなく、煮込んだようなフルーティさもあり、奥深い風味。アルコール度数が高いにもかかわらず、口当たりは驚くほど滑らか。プレミアムバーボンの最高峰、は単なる宣伝文句でない…

カバラン シェリー シングルカスク/Kavalan Sherry Single Cask

濃厚なシェリーの風味と樽感、加えてバーボン的なバニラ感も感じられる。カバランらしいトロピカルフルーツや紹興酒(ソリストのヴィーニョ・バリックでも共に感じられた)もあり、原酒由来というより、熟成過程で何か亜熱帯地域に共通する香味成分が生まれ…

モンキーショルダー/Monkey Shoulder

スペイサイドのブレンデッドモルトらしい、フローラルかつ麦芽の風味が強い味。普段は邪魔になることが多いビターな風味も、花の香り、麦芽やバニラの甘みの後にじっくり適度に現れるので、長く心地よい余韻につながっている。

アードボッグ/Ardbog

TENと比較すると、潮気と革製品を燃やしたようなスモーク感とゴムタイヤ感、チェリーのような甘みが違いとして感じられた。コアレンジ品でシェリー樽原酒を使っているウーガダールと系統は近いが、ゴム感(味わうとそこまで感じない)や強い潮気、チェリー感…

フラパン シャトー・フォンピノ XO/Frapin Château de Fontpinot XO

コニャックらしいコニャック。熟成感はレミーマルタンXOよりある印象で、タンニン感のある濃厚なブドウの風味が味わえる。甘みは控えめな印象だが、ブドウそのものの風味が余韻含めて長く楽しめる。

レミーマルタン XO/Remy Martin XO

スパイシーな飲み口。注ぎたては樽由来のスパイシーさと濃厚なブドウの風味が楽しめる一方、時間をおくとスパイシーさが少なくなり、カスタードやメープルシロップの甘さ、オレンジピールのような柑橘系のフルーティさも良く出てくる。じっくり時間をかけて…

クルボアジェ VSOP/Courvoisier VSOP

比較的安価にもかかわらず、十分な熟成感。注ぎたてに感じたフローラルな香りは、時間をおくとバニラやカスタードの要素も含んだアップルパイのようなフルーティさに変化する。コーヒー的なニュアンスも印象的。甘みもそこまで強くなく、飽きのこない風味。…

オクトモア 10.1/Octomore 10.1

オクトモアらしい強烈なスモーキーさは勿論あるもののやや大人しめで、樽由来のバニラの甘みや柑橘系のフルーティさ、麦芽感が味わえるシンプルで素直な一本。以前テイスティングした06.3と(記憶の中で)比較すると、ピート感は大人しめに、味もシンプルで…

クラシックラディ/The Classic Laddie

ノンピート麦芽を使用しているという事で、ポートシャーロットやオクトモアと違って、繊細でフルーティ、麦芽の風味がしっかり味わえる一本。ただ個人的には、熟成樽由来のオーク感による影響か、若干のスモーキーさも感じた(本当に若干)。また熟成年数未…

カバラン ソリスト ヴィーニョバリック/Kavalan Solist Vinho Barrique

短熟カスクストレングスらしいパンチに、長熟のような濃厚な風味という、相反する要素が混在した風味がとにかく楽しい一本。巨峰にバニラにトロピカルフルーツに樹液と、甘みのタイプも多様で奥深い。他のカスク由来のボトルも試してみたくなる。甘いウイス…

グレングラント 18年/Glen Grant 18yo

華やかなフルーティさとフルーラルさを持ちながら麦芽感もしっかりあり、飲み応えがある。グレンフィディックに香味は近い気がするが、より麦芽感が強く、かつ透き通ったようなフレッシュな印象を受ける。上品ながら芯の通った一本。

アードベッグ トリーバン 19年 バッチ2/Ardbeg Traigh Bhan 19 yo Batch No.2

アードベッグオフィシャルらしい、バーボン樽原酒主体の正統派な旨味に、シェリー樽由来のスパイシーさやフルーティさが上品に付加されている。スモーキーさと甘みとスパイシーさのバランスが調和。全体的には落ち着いてた風味で、現行のTENよりも旧TEN(ビ…

ワイルドターキー 8年, 101 proof/Wild Turkey 8yo, 101 proof

バーボンらしい風味とパンチに、程よくエステリーな熟成感。ワイルドターキーと言うと水割りやロックのイメージだが、ストレートでもじっくり楽しめるポテンシャルの一本。バーボンらしい力強い風味でありながら、程よい熟成感もあって飲みやすい。