ホームレス ドランカー

キルホーマン 100%アイラ 10thエディション/Kinchoman 100% Islay 10th ED

(1)特徴

f:id:Liquor:20210222032528j:plain

・キルホーマン 100%アイラ 10thエディション/Kinchoman 100% Islay 10th ED

・キルホーマン蒸溜所

・50%

・バーボン樽、オロロソシェリー樽で9年以上熟成(2007、2009、2010年収穫のアイラ島産大麦100%使用)

 

キルホーマン蒸溜所が定期的にリリースしている、100%アイラ島産大麦を使用した商品です。2020年ボトリングの本製品は記念すべき10回目のエディションで、2007~2010年に収穫した大麦を使用した原酒を、バーボン樽39つとオロロソシェリー樽2つで9年以上熟成したものをバッティングしたものです。アルコール度数は50%とやや高いですが、アルコール感が無くとても滑らかな口当たりで、キルホーマンらしい素直なピート感と柑橘、蜜感が楽しめる一本です。

 

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20210222032626j:plain

 

【香り】

潮感あるピートスモーク、乾いた麦芽オレンジピール、プラム、花の蜜、ややオイリーなレザー、 刈ったばかりの芝生と土っぽさ、微かに練乳のようなクリーミーさも。

 

【味】

とても滑らかな口当たりから、徐々にヨード感のあるピートと甘い蜜がじわっと優しく広がってくる。練乳、プラムや青りんご、チョコレート、柑橘のピール。余韻はリコリス、焦がしたオークとスモーク、麦芽。加水でリンゴや柑橘感が良く出てくる。

 

【総評】

素直で素朴な風味。甘すぎずピート過ぎず、じっくり麦芽と樽由来の風味を味わうことができる落ち着いた味わい。バッティングした樽は9年以上(最短が2010年収穫の大麦なのでもしかしたら9年熟成もあるかも)熟成したものが占めているが、まだまだ熟成での変化の余地が大きな風味で、逆に言うと現時点では少し特徴が乏しくもある。