ホームレス ドランカー

ブリュードッグ ロストラガー/Brewdog Lost Lager

ブリュードッグらしい爽やかでフルーティなラガー。後味もサッパリ、ほのかにビターで飲みやすい。エールに比べるとどっしりしていて、ビールらしさとフルーティさがともに味わえてGood。

ビッグピート 33年/Big Peat 33yo

80年代ボウモアの影響を大きく受けた一本(おそらくボウモアとカリラのバッティング)。香りの段階では、レザーや燻製のようなスモーキーさとフルーティさが混在したアイラ一般的な特徴があるが、飲むと一気に80年代ボウモア特有のパフューミーさが開く。タ…

タリスカー 8年 ディアジオ2020年スペシャルリリース/Talisker 8yo Diageo Special Releases 2020

かなり甘さが強く、そして燃やしたレザーのようなピート臭さも通常のタリスカー以上に強い。熟成感はやや欠けるが、しっかりした味にパンチの効いたスモーキーさと塩気は飲みごたえ存分で、タリスカー得意のハイボールでも力を発揮しそう。

ミルストーン 5年/Millstone 5yo

非常に良い出来で、10-12年物と言われても遜色ないレベル。香りはまったりクリーミーなバニラの後ろにフルーツやナッツ感、味もクリーミーでほのかな塩気。スモーキーさはハッキリ言ってほとんど感じられず、燃やしたというよりも、古くなった木や紙から感じ…

ロンドンプライド/London Pride

どしっとした正当な風味で、大きな面白味は無いが、安心感がとてもある。飲みごたえがあり、フライ系の食事との相性も良い。

スタッグ ジュニア/Stagg Jr

どっしりバーボンの王道を行く重厚感のある風味。特にバニラの濃厚な甘さとオークの風味が際立つ。スパイシーさのほかに、奥にオレンジ系のフルーティさもあり、重い風味を緩和してくれる。 バーボン好きなら、間違いなく安心して楽しめる一本。

ラガヴーリン 12年 ディアジオ2020年リリース/Lagavulin 12yo Diageo Special Released 2020

16年に比べるとヨード感が強い。香りはフルーティさとエルダーフラワー、味はかなり甘いフルーツ缶とスパイス。まさに甘臭い一本。フルーティさも完熟フルーツやトロピカルフルーツのような癖のある系統。

ブリュードッグ ジャックハンマー/Brewdog Jack Hammer

香りはブリュードッグらしいグレープフルーツに甘めのオレンジやパイナップル。味は強烈なホップのビターさとハーブ。麦芽の甘みも出ていて、口当たりは意外と円やかだが、余韻にかけてホップのフローラルさが更に増していく。

アラン 25年/Arran 25yo

10年と同じ延長線上にある風味で、ブランデーのような濃厚なブドウやカスタード感が強く感じられる。アランらしい素直なコクのあるフルーティな熟成感で、どんなシチュエーションでも楽しめそう。

アラン 10年 新旧ラベル/Arran 10yo new&old label

新旧ラベル共に、癖が無くバランスがとても良い。甘さの質がやや異なり、旧ラベルはシロップ系の甘みが強くフローラルさもあり、新ラベルはシェリー系の甘みも良く出ていてよりバランスが良いフルーティな甘さ。甲乙つけがたいが、普段飲みなら新ラベルの方…

ブリュードッグ ライトスピード/Brewdog Light Speed

フルーティでめちゃくちゃ軽快。フルーツポンチのシロップと割ったと言われても信じるくらいの桃やオレンジ感。余韻にかけて麦や穀物、ホップのビターさが来るものの、総じてフルーティ。余韻も短く切れ味よく、非常に軽快で飲み疲れない。正にLight Speed。…

シングルトン・オブ・ダフタウン 12年/Singleton of Dufftown 12yo

とてもシンプルで透き通った風味。若干のビターさはあるが、酒質含めて癖がほとんどなく、スペイサイドらしい青りんごや蜂蜜、フローラルさがしっかり楽しめる。きつすぎないウッディさも、あっさりしすぎず良いバランス。

ラニョーサボラン レゼルヴスペシャル/Ragnaud Sabourin No. 20 Reserve Speciale

金木犀のようなフローラルさと、煮詰めたシロップや焦がしたカラメルのような少しビターな甘さ。XOだが濃厚すぎず、軽快で上品。華やかなブランデーが好みならぜひ試してほしいフローラルさ。

グレンエルギン 10年 モスバーン/Glen Elgin 10yo Mossburn

ねっとりした甘みがかなり強い。スペイサイドらしい洋梨やリンゴの蜜のシャープなフルーティさとハーブや花のようなフローラルさ、飲むとクリーミーで濃厚、生姜や黒胡椒のようなスパイシーさも強め。そのスパイシーさのおかげで余韻は比較的サッパリ。甘め…

ブリュードッグ ロックダウン グァバ&グレープフルーツ/Brewdog Lock Down Guava&Grapefruit

レッドアイのグァバジュースバージョン。グァバやパイナップル、グレープフルーツを含んだミックスジュースとビールを1:1で割ったような風味(実際にはもっとジュースの比率は低いと思うが、ブリュードッグの元々のフルーティさも相まって非常にトロピカルフ…

スプリングバンク 8年 PX/Springbank 8yo PX

かなり濃厚で甘口のシェリーボム。8年熟成とはとても思えず、15年近くありそうな濃厚さと滑らかさ。評判の良かったキルケランの8年CS(2019年リリース) よりも個人的にはずっと好みで、甘みの複雑さ(奥の方に生クリーム感もある)とシェリーの上品さが抜群…

スプリングバンク 21年 2020リリース/Springbank 21yo 2020 Release

華やかで濃厚。 相変わらずの抜群のバランスの良さ。ブランデーのような濃厚なぶどうや煮込んだフルーツ、カスタードクリームのねっとりした甘さと、スプリングバンクらしい麦芽&塩気。個人的には2019年リリースより好み。マッカランのクラシックカットでも…

ブリュードッグ デュオポリス/Brewdog Duo-Polis

クリーミーなフルーツジュース。沖縄で飲む南国フルーツのミックスジュースのような瑞々しいフルーツ感と、麦が混ざった穀物の円やかな風味。ヤクルト的な甘さもある。ホップの 香りも華やかだが、やや他の要素にマスクされていて穏やか。

スプリングバンク 10年 ローカルバーレイ 2021/Springbank 10yo Local Barley 2021

(1)特徴 (2)テイスティング (1)特徴 ・スプリングバンク 10年 ローカルバーレイ 2021/Springbank 10yo Local Barley 2021 ・スプリングバンク蒸溜所 ・57.2% ※最終リリース時は55.6% ・オロロソシェリー樽 スプリングバンク蒸溜所の2020年バーチャ…

バルヴェニー 14年 ウィークオブピート/Balvenie 14yo The Week of Peat

軽快な口当たりと上品な甘み、麦芽感から鼻に抜けるスモーキーさがどれも尖っておらず、最初から最後まで上品で滑らか。少量加水で抜群にバランスが良くなる。ピート感は湿っぽい独特な癖があるが、酒質が軽い分フルーティな甘さとの調和が取れている。

ブリュードッグ ダブルヘイジー/Brewdog Double Hazy

無濾過で濁りあり。口当たりはかなりクリーミーで、サワークリームのような優しい炭酸と控えめなビターさ。香りは柑橘や南国フルーツ系で爽やか。味はポンジュース的な柑橘感。

スプリングバンク 26年 オープンデー/Springbank 26yo Virtual Open Day

あくまで麦芽感が先行するスプリングバンクらしい長熟品。とは言え26~27年熟成らしい複雑なフルーティさは抜群。少量加水した際の風味の変化も大きく、12年に比べるとビターさもそこまで出てこないので、加水しながらの変化も楽しい。スプリングバンクオフ…

グレンスペイ 10年 2008 (モスバーン)/Glen Spey 10yo 2008 (Mossburn)

草っぽいハーブとメントールのような清涼感が爽やか。味わうと意外とブラウンシュガーや花の蜜の甘みもしっかり感じられるが、余韻はやはりハーブで爽快。カクテルベースとしても使い勝手が良さそう。

ブリュードッグ パンクIPA/Brewdog Punk IPA

南国フルーツと上品なホップ、麦芽の旨味のバランスが秀逸。飲み疲れない爽やかさとパンチある風味が共存。流石イギリスのクラフトビールの先駆的な一本と感じさせてくれる。

スプリングバンク 17年 マデイラ/Springbank 17yo Madeira

樽感がかなり強く、湿ったオークのようなウッディさが強く感じられる。発酵食品や完熟フルーツのような濃厚な甘みとカスタードも感じられ、こってりした風味。個人的には12年CSや21年の方が好みだが、こってりした甘みと樽感が好きな人ならこちらの方がオス…

スプリングバンク 12年 CS 2020年 バッチ21/Springbank 12yo CS 2020 Batch21

華やかで骨太。流石スプリングバンクの誇るカスクストレングス。濃厚なホットケーキやフルーツの甘い香りから、麦芽感たっぷりの味わい。ピートスモークはかなり穏やか。加水するとスパイシーさが増し過ぎるので、時間を置くか、度数は高いがストレートでじ…

竹鶴 21年/Taketsuru 21yo

少しねっとりした癖のある甘みとスモーキーさ。余市のピート感と宮城峡のどっしりシェリー感がそれぞれガッツリ感じれる一本。良い意味で双方のシングルモルトが激しく主張し合い、まさにブレンデッドモルトの醍醐味を味わえる一本です。サントリーの響が調…

アラン マクリームーア/Arran Machrie Moor

20ppmのピート麦芽値以上にパンチの効いた黒鉛や土感のあるピート感、そして奥にアランらしいフルーティさが感じられる秀作。比較的甘口で、飲み進めるほどにバニラやフルーティな甘さがより楽しめる。熟成期間は非公表も恐らく10年前後か。飲み始めと飲み終…

ブラントン ゴールド エディション/Branton's Gold Edition

落ち着きと円熟味のあるバーボン。バーボンらしい接着剤臭やキャラメル、オーク、スパイスなどの典型的な要素がどっしりと感じられ、それと共に梨やプラムのフルーティさと金木犀のようなフローラルさもある。余韻も上品で長い。

響 17年/Hibiki 17yo

独特な乾いた粉っぽい甘い風味。個人的にイメージするジャパニーズウイスキーの王道的な風味で、(あくまで個人的好みとして)格別に旨いという訳ではないが、扇子を開いたり、畳に寝転がったりした時のような、どこか落ち着ける香り。口当たりは熟成感があ…