ホームレス ドランカー

キルホーマン サナイグ/Kilchoman Sanaig

(1)特徴

f:id:Liquor:20201106051826j:plain

------------------------------------------------------------------------------------

・キルホーマン サナイグ/Kilchoman Sanaig

・キルホーマン蒸留所

・46%

・700mL、約6000円

シェリー樽、バーボン樽

------------------------------------------------------------------------------------

 

キルホーマン サナイグは、バーボン樽およびシェリー樽で3~5年熟成させたウイスキーを、バーボン樽:シェリー樽≒1:3でバッティングしたものです。若い原酒らしいスパイシーで刺激的なアルコール・ピート感だけでなく、シェリー樽由来のフルーティーな風味が楽しめる一本です。

 

同じく若い原酒を使用したマキヤーベイや、キルホーマン蒸留所についての記事は下記を参照ください。

liquor366.hatenablog.com

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20201103083535j:plain


【香り】

甘臭いピートスモーク、干しブドウ、完熟プラム、オレンジ、キャラメル、微かな潮気。加水するとバニラ的な甘い香りも立つ。磯臭いマキヤーベイとやや異なり、燃やした木のようなスモーキーさが前面に出て背後に磯臭さがある。

 

【味】

アルコール感はあるものの、舌あたりはクリーミー。焦がした砂糖、プラム、塩キャラメル、柑橘、ハーブ、オーク。余韻はややビターでスモーキー。

 

【総評】

短熟らしくアルコール感はあるものの、シェリー樽由来の甘みで角はそこまで強くなく、香りは暖かい。個人的にはサナイグよりマキヤーベイの方がアイラらしく好みだが、余韻はサナイグの方がセクシー。やや加水することで、シェリーやオークをより楽しめるようになる。冷やしたり薄めすぎると甘みが消える恐れがあるので、少量化スイカやや濃いめのハイボールが相性が良いと思う。