ホームレス ドランカー

グレンスコシア ダブルカスク/Glen Scotia Double Cask

(1)特徴

f:id:Liquor:20210121082539j:plain

・グレンスコシア ダブルカスク/Glen Scotia Double Cask

・グレンスコシア蒸溜所/ロッホローモンドグループ所有

・46%

・1stバーボン樽で熟成後、ペドロヒメネスシェリー樽で追加熟成


グレンスコシアは1832年設立の蒸溜所で、キャンベルタウンに3つある蒸溜所のうちの1つです。スプリングバンクはおろか、新鋭のキルケランと比べてもイマイチ影が薄いのが残念ですが、キャンベルタウンらしい特徴を有する実力派(特に長期熟成原酒に定評あり)の蒸溜所です。現在はロッホローモンドグループに保有されています。

今回テイスティングしたダブルカスクは、コアレンジ品の中では安価で入手しやすいものです。ファーストフィルのバーボン樽で熟成されたのち、ペドロヒメネスシェリー樽にてフィニッシュをかけたものです。風味としては、バーボン樽・シェリー樽双方から得られた甘いバニラやフルーティさが特徴です。

 

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20210118060334j:plain


【香り】

塩気、バニラやキャラメルの甘み、ウッディさとピートスモーク、ミントの清涼感、キウイや青リンゴのような青いフルーツ。加水するとマンゴーや金木犀のような香りも出てくる。

 

【味】

塩水、ハーブ、ビターさ、オーク。口に含んだ瞬間はバニラやキャラメルの甘みを感じるが、すぐに塩辛さやビターさが出てくる。余韻は黒胡椒のスパイシーさ。加水すると塩辛さが増す。

 

【総評】

キャンベルタウンらしい塩辛さと、青いフルーツの香り、バニラやキャラメルの甘さ。やや塩辛さが強いので、ナッツなどのおつまみと合わせるか、ハイボールなどに向いている風味。