ホームレス ドランカー

ウエストランド ピーテッド/Westland Peated

(1)特徴

f:id:Liquor:20210529072215j:plain

ウエストランド ピーテッド/Westland Peated

ウエストランド蒸溜所

・46%

 

 ウエストランド蒸溜所は、ワシントン州シアトルに2010年に設立された蒸溜所で、フランスのレミー・コワントロー社が保有しています。いわゆるバーボンのようなアメリカンウイスキーではなく、大麦麦芽を使ったスコットランドタイプのシングルモルトを作っています。

今回テイスティングするウエストランド ピーテッドは、スコットランド産の大麦(55ppmのヘビリーピーテッド)を加えた6種類のモルト(ペール、ミュニック、エクストラスペシャル、ペール・チョコレート、ブラウン+スコットランド産大麦)を使用しており、熟成はアメリカンオーク新樽と1stフィル・バーボン樽にて行っています。ピートのアロマに、大麦の風味がバランス良く感じられる点が特徴です。

 

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20210529072252j:plain

【香り】

苔むしたスモーク、魚介や潮、蜂蜜、桃やマンゴーの完熟フルーツ、塩気

 

【味】

オレンジピール、オーク、スパイシー、ピートスモーク、ハーブ、塩気。加水すると柑橘の酸味がより強くなる 

 

【総評】

ピート感は程々、系統としてはアイラ要素も少しある内陸ピート、これまで飲んだ銘柄だとバレッヒェンに近い印象。香りは甘臭くフルーティも、飲むとシンプルな柑橘とオークとピートスモーク。塩気も強め。