ホームレス ドランカー

ジョージ・T・スタッグ/George T. Stagg

(1)特徴

f:id:Liquor:20210426053422j:plain

・ジョージ・T・スタッグ 2018リリース/George T. Stagg 2018 Release

バッファロートレース蒸溜所

・62.45%

 

ジョージ・T・スタッグは、バッファロートレース蒸溜所のプレミアムバーボンの中でも更に最高峰に位置する商品。毎年選び抜いた樽の中で最も優れているものを、カスクストレングスでボトリングしています。過去様々な品評会で高い評価を受けている逸品で、バーボンの中でも飛び抜けた知名度と人気を誇っています。今回は運よく2018年リリース品のテイスティングサンプルを入手できたものの、ボトルでの入手は極めて困難とされています。

 


(2)テイスティング

f:id:Liquor:20210426053505j:plain


【香り】

濃厚なバニラ、白粉、オーク、キャラメルカスタード、シナモン、マジパン、少し煮込んだ白桃っぽいフルーティさ

 

【味】

バーボンらしいオイリーな除光液、焦がしたオーク、バニラ、オレンジ、ハーブ、マジパン

 

【総評】

重厚で複雑な熟成感のあるバーボン。濃厚で乾いたバニラや白粉、マジパンのような甘い香りの奥に、白桃っぽいフルーティさもあり、香りはとても濃厚で上品。味わうとバーボンらしい除光液やオイルのような、やや人工的なケミカルな風味もあり、甘みはそこまで強くない。焦がしたオークの奥に、オレンジ系カクテルのような風味も。 

個人的な好みで行くと、ジョージ・T・スタッグは樽感がやや出過ぎていることもあり、ブッカーズやスタッグJrの方が好み。もちろん濃厚さと複雑さは素晴らしく、一度飲んでみて損は無いバーボンの傑作であることは間違いない。