ホームレス ドランカー

ベンロマック 15年/Benromach 15 yo

(1)特徴

f:id:Liquor:20210727043515j:plain

・ベンロマック 15年/Benromach 15 yo

・ベンロマック蒸溜所

・43%

・バーボン樽、シェリー樽

 

ベンロマック蒸溜所は1898年設立のスペイサイドにある蒸溜所。かつてキャンベルタウンにあったグレンネヴィス蒸溜所で働いていたマッカラムと酒販売ブローカーだったブリックマンが設立しました。しかしウイスキー不況下にあって生産が開始されたのは1990年になってから、しかも同年に資金不足により閉鎖するという憂き目にあいます。その後幾つかの会社に買収されることを繰り返し、1993年に現オーナーのインディペンデントボトラーズのゴードン&マックファイル社(GM社)が買収、設備を改修したのち1998年から生産を再開しました。これはGM社が1895年に設立されて以来念願だった自社蒸溜所の保有でもありました。
生産能力は年間15万リットルほどでスペイサイドでは最小クラスです。麦芽にはミディアムレベルでピートを焚いており、スコッチらしいスモーキーさも堪能できます。今回テイスティングした15年物ではそのスモーキーさの角も取れて、より円熟した複雑な香味が堪能できます。

 

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20210727043546j:plain

【香り】

バターとメープルシロップのかかったパンケーキ、ローストした桃やアプリコット、チェリーカスタード

 

【味】

クリーミー。生クリーム、フルーツポンチのシロップ、ビターなオークとスモーキーさが飲み込むと一気に広がる。シナモンやスパイス、10年物で感じた灰っぽいピートではなく煙っぽいピートの余韻 

 

【総評】

バターとメープルシロップをかけたパンケーキ。10年と比べると円熟味が増してピートに灰っぽさが無くウッドスモークに。口当たりも円熟味のある甘さと樽感がしっかり出ていて濃厚。10年物以上にベンロマックの質の高さと個性が味わえる。