ホームレス ドランカー

宮城峡 12年/Miyagikyo 12yo

(1)特徴

f:id:Liquor:20210419053134j:plain

・宮城峡 12年/Miyagikyo 12yo

・宮城峡蒸溜所、ニッカウヰスキー

・45%

 

宮城峡12年は、ニッカウヰスキーの宮城峡蒸溜所(宮城県仙台市)で作られているシングルモルトウイスキー。1969年、北海道の余市蒸溜所に次ぐニッカウヰスキーの第二蒸溜所として創業されました。宮城峡蒸溜所では、モルトウイスキーだけでなく、連続式蒸溜器を用いたグレーンウイスキーの生産も行われれいます。

ピートが効いてどっしりした酒質の余市と比較すると、ノンピートで穏やか、かつシェリー樽由来の瑞々しく華やかな風味が特徴となっています。これはスチームによる間接蒸溜を行い、かつ上向きラインアームのポットスチルを用いてじっくりと蒸溜することで、香味成分がより多く回収されていることから生まれているとのことです。

今回テイスティングした宮城峡12年は、昨今の原酒不足から終売されており、バーなどで見かけた際にはぜひ飲んでいただきたい一本。華やかなシェリー感が堪能でき、今後の復活が期待されているシングルモルトです。
 

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20210419053326j:plain

 

【香り】

熟したぶどう、ブランデー、リコリス、バニラ、エルダーフラワーやクチナシ、弱い金木犀のようなフローラルさ、柿や李のフルーティさ 

 

【味】

甘くジューシーなフルーツ、オイリーな口当たり、シロップや蜜、ブドウとその皮、桃 やメロン。余韻は塩気とオーク、ミント

 

【総評】

ねっとり甘く、フローラルさと濃厚なフルーティさがあり、とても12年熟成と思えないほどの出来の良さ。どっしりシェリーと言うより、濃厚ながらもフローラルさや柿のようなフレッシュなフルーツ感もあり、くどくない。素晴らしい出来。 スコッチのシェリー感とも、カバランなどのシェリー感とも違う、フルーティかつフローラルな複雑さ。