ホームレス ドランカー

マノックモア 10年 モスバーン/Mannochmore 10yo Mossburn

(1)特徴

f:id:Liquor:20210417065742j:plain
・マノックモア 10年 モスバーン/Mannochmore 10yo Mossburn

・マノックモア蒸溜所/モスバーン社ボトリング

・56.1%

・バーボン樽熟成?

 

マノックモア蒸溜所は1971年設立、スペイサイドに位置する蒸溜所です。当初はグレンロッシー蒸溜所の第2蒸溜所として建設されました。原酒はグレンロッシー同様、ヘイグなどのブレンデッドウイスキー構成原酒として使われており、シングルモルトとしてのリリースは少ない銘柄です。兄弟蒸溜所だけあり、生産設備の特徴も似ていますが、マノックモアではポットスチルに精留器が付けられていない(グレンロッシーはある)などの違いがあります。

今回テイスティングしたのは、インディペンデントボトラーのモスバーン社の製品で、(味から察するにバーボン樽で)10年間熟成した原酒をボトリングしたものです。風味の一般的な特徴としては、スペイサイドらしい華やかさと、上品な砂糖系の甘さが挙げられます。

 

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20210402053234j:plain

 

【香り】

乾いた麦と木の香ばしさ、青りんご、シトラス、ミント、蜂蜜、カスタード、芝生。清涼感の強いフレッシュな香り。加水すると、フルーツポンチのオレンジ。

 

【味】

フレッシュでややビター。青りんご、オレンジ、蜂蜜、草っぽいハーブ、麦芽、藁っぽい微かなスモーク。余韻はカカオやコーヒーのようなじっとりしたビターさ。加水すると滑らかになり、フルーツポンチのようなねっとりした甘さが出てくる。余韻もコーヒーの程よいビターさに落ち着き、フレッシュな木と麦芽の香りが爽やかかなり良い。

 

【総評】

木と麦と蜜のシンプルな風味から、コーヒーの程よいビターさ。加水すると滑らかになり更に良い。カスクストレングスなので甘みの濃厚さも強く、加水していっても味が乱れないので楽しい。微かな藁っぽいスモーキーも相まって、奥行きがあって、存外に楽しめました。