ホームレス ドランカー

アラン 10年 新旧ラベル/Arran 10yo new&old label

(1)特徴

f:id:Liquor:20210404071422j:plain

・アラン 10年 新旧ラベル/Arran 10yo new&old label

・ロックランザ蒸溜所(旧アラン蒸溜所)

・46%

・バーボン樽、シェリー樽

 

アラン10年は、アラン島のロックランザ蒸溜所を代表する一本です。2020年からボトルデザインだけでなく構成原酒も変更されており、このリニューアルを期に一気に人気が高まった蒸溜所でもあります。バーボン樽とシェリー樽由来のバランスの良いフルーティさと、癖のない酒質が特徴です。

ロックランザ蒸溜所は1995年創業で、まだ長熟物はそこまで多く出ていませんが、この10年物を軸に、今後の期待もかなり高くなっています。

以前に旧ボトルのアランはテイスティングしたのですが、今回はせっかくなので新旧アラン10年を比較テイスティングしました。旧ボトルは開栓後すこし時間が経っているので、良い条件とは言えませんが、参考になれば幸いです。

 

liquor366.hatenablog.com

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20210404070919j:plain
 

①新ラベル

【香り】

ブドウ、リンゴ、和梨、バニラ、生クリーム、香ばしい麦芽、ミント。加水するとフレッシュなリンゴ感が増す。時間を置くと麦芽と蜜感が強くなる。

 

 

【味】

カスタード、生クリーム、麦芽、リンゴの蜜、シェリー、カフェモカ。加水するとオークやビターさが強くなる。

 

②旧ラベル

【香り】

新ラベルではそこまで立たないフローラルさ、リンゴや和梨、蜜、麦芽、アップルパイ

 

【味】

新ラベルよりもシェリー感が少なく、甘さがこってりしている。シロップっぽい濃い蜜、樽由来のビターさ、フローラルなハーブ、瑞々しい麦、キャラメルソース。時間おくとバニラとシュガー。甘いけど余韻はサラッとしてる。

 

【総評】

新旧ラベル共に、癖が無くバランスがとても良い。甘さの質がやや異なり、旧ラベルはシロップ系の甘みが強くフローラルさもあり、新ラベルはシェリー系の甘みも良く出ていてよりバランスが良いフルーティな甘さ。甲乙つけがたいが、普段飲みなら新ラベルの方が好み。風味の安定感や値段の手頃感から、家飲み用には最適といえる銘柄。