ホームレス ドランカー

シングルトン・オブ・ダフタウン 12年/Singleton of Dufftown 12yo

(1)特徴

f:id:Liquor:20210327231241j:plain

・シングルトン・オブ・ダフタウン 12年/Singleton of Dufftown 12yo

・ダフタウン蒸溜所

・40%

 

ダフタウン蒸溜所は、1895年にスペイサイドのダフタウンで創業した蒸溜所です。当初はダフタウン・グレンリベット蒸溜所という名前でした。現在はディアジオ社がオーナーです。原酒の大半はブレンデッドウイスキーのベルのキーモルトとして使用されており、一部が花と動物シリーズなどでシングルモルトとしてリリースされています。

「シングルトン」はディアジオ社がリリースするシングルモルトのブランド名のようなもので、ダフタウンのほかに、シングルトン・オブ・グレンダラン(グレンダラン蒸溜所)やシングルトン・オブ・グレンオード(グレンオード蒸溜所)があります。

風味はバターやキャラメルのような甘さが特徴とされています。

 

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20210327231552j:plain


 

【香り】

青りんご、蜂蜜、麦芽シロップ、クチナシやユリのフローラルさ、ミントやリコリス、フレッシュな木や牧草、ナッツ。加水すると和梨のようなフレッシュな甘み。

 

【味】

酒質はとても軽く、透き通った味わい。花の蜜、オレンジ、ナッツ、ビターなオーク、スパイス、芝生。余韻は、木と草と麦でややビター。加水すると、ビターさのあるウッディさと麦芽感が強くなる。

 

【総評】

とてもシンプルで透き通った風味。若干のビターさはあるが、酒質含めて癖がほとんどなく、スペイサイドらしい青りんごや蜂蜜、フローラルさがしっかり楽しめる。きつすぎないウッディさも、あっさりしすぎず良いバランス。