ホームレス ドランカー

グレンエルギン 10年 モスバーン/Glen Elgin 10yo Mossburn

(1)特徴

f:id:Liquor:20210329001549j:plain

・グレンエルギン 10年 モスバーン/Glen Elgin 10yo Mossburn

・グレンエルギン蒸溜所/モスバーン社ボトリング

・59%

・バーボン樽?

 

グレンエルギン蒸溜所は1898年創業、スペイサイドに位置する蒸溜所。1890年代の蒸溜所設立ブーム時の最後に創業されたスペイサイドの蒸溜所です。現在はディアジオ社が保有しています。シングルモルトとしてのリリースは少ないですが、ブレンデッドウイスキーのホワイトソースのキーモルトとして知られています。

スペイサイドらしいフルーティさに、花や草のような香りが加わり、味わいは蜂蜜や柑橘のような甘さと麦芽の風味が特徴です。

 

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20210329003652j:plain


【香り】

洋梨、リンゴの蜜、ネクタリン、シロツメクサ、生姜、乾いたオーク、牧草、時間を置くとカスタードやオレンジ。加水すると、フルーティーな甘さが控えめになり、草っぽいハーブが強くなる。

 

【味】

アルコールの刺激と、かなり強いまったりした甘み。蜜、オレンジ、クリーム、麦芽、余韻にかけて黒胡椒や生姜のスパイシーさ。余韻はややビターなハーブとオーク。加水しても甘みはしっかりしたまま、ハーブがより出てくる。

 

【総評】

ねっとりした甘みがかなり強い。スペイサイドらしい洋梨やリンゴの蜜のシャープなフルーティさとハーブや花のようなフローラルさ、飲むとクリーミーで濃厚、生姜や黒胡椒のようなスパイシーさも強め。そのスパイシーさのおかげで余韻は比較的サッパリ。甘めのスペイサイドモルトが好きな人ならオススメ。