ホームレス ドランカー

グレンロセス 12年/Glenrothes 12yo

(1)特徴

f:id:Liquor:20210121065010j:plain

グレンロセス 12年/Glenrothes 12yo

グレンロセス蒸溜所/エドリントン社保有

・40%

シェリー樽のみで熟成

 

グレンロセス蒸溜所は1879年設立のスペイサイドに位置する蒸溜所で、当時マッカランを運営していたジェイムス・スチュアート社によって設立されました。ヨーロピアシェリー樽とアメリカンオーク樽を中心に熟成されています(一部バーボン樽も使用)。

日本では、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝が学んだ蒸溜所の一つとしても知られています。そのほとんどがカティサークやフェイマスグラウス等のブレンデッドウイスキーに使用されているため、シングルモルトとしての知名度は低いですが、近年評価が高まっており、2018年のUltimate Spirits Challengeでは第1位にランクされています。スペイサイドらしいフルーティさやバニラの甘さ、スパイシーさやフローラルさも特徴となっています。

 

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20210118060405j:plain


【香り】

プリン(カラメルやカスタード)、洋梨やシロップの甘み、生クリーム。加水でより濃厚なプリン、ブランデーのようなブドウの甘さ、バター、白い花のフローラルさ。

 

【味】

麦芽、ホップのようなビターさ、オーク、焦がしたカラメル、チャーした樽、ハーブ。甘く華やかな香りからは想像できないくらいビターさがハッキリある。加水すると円やかになりビターさが軽減、バニラの甘みもよく感じられて、やや塩気が増えるが飲みやすくなりオススメ。

 

【総評】

華やかなスペイサイドらしい香りとは違い、飲み口はそこまで甘くなくどっしりパンチがある。少量加水くらいがちょうどバランスが良くなってオススメ。香りは12年と思えないほど円やか。ロックやハイボールでもポテンシャルを存分に発揮できる風味。