ホームレス ドランカー

グレンファークラス 105/Glenfarclas 105

(1)特徴

f:id:Liquor:20201226045909j:plain


グレンファークラス 105/Glenfarclas 105

グレンファークラス蒸留所

・60%

 

グレンファークラス蒸留所はファミリー経営の蒸留所で、濃厚なシェリー感と骨太な酒質を特徴とするウイスキーを作っています。比較的安価でコスパが良いことから、最も過小評価されている蒸留所、と呼ばれることもあります。

今回テイスティングするグレンファークラス105は、1968年に業界初のカスクストレングスウイスキーとして発売された品で、鉄の女と呼ばれた英国首相サッチャーが愛した一品としても有名です。特徴としては、カスクストレングスならではのアルコールのパンチの強さと、濃厚なシェリー樽由来の甘みが挙げられます。

 

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20201226045911j:plain

 

【香り】

カスクストレングスらしいアルコールの刺激、ドライな干しブドウ、スパイシーさがあるオーク香、ミントやハッカの清涼感、若干の乳酸と硫黄。少し置くと、フルーツポンチの中の黄桃やオレンジっぽいフルーティさも出てくる。加水すると、やや香りはボケるが、柔らかく暖かいシェリー香とアップルカスタードっぽいクリーミーさも感じられる。

 

【味】

アルコール刺激とともに、濃厚でスパイシーなブドウの風味が感じられる。ブドウの皮のようなタンニン感のあるビターさ、オレンジ、ローズマリー系のハーブ、麦芽。余韻は暖かいブドウの風味と、麦芽、オーク感が長く続く。加水すると、麦芽味とともに樽由来のビターさがややつよくなる。トワイスアップ位加水した方が、飲み口のアルコール感もビターさも和らぎGood。

 

【総評】

真の太い一本で、ストレートではパンチのある濃厚さ、加水すると滑らかな上品さ、ロックはキレのある力強さ、と飲み方に応じて色々な側面が楽しめる。とにかくコスパが良く、アベラワ― アブーナやグレンドロナックと並んで、シェリー好きなら常備しておいて損はない一本。