ホームレス ドランカー

メーカーズマーク 46/Maker's Mark 46

(1)特徴

f:id:Liquor:20201123070310j:plain 

・メーカーズマーク 46/Maker's Mark 46

・メーカーズマーク蒸留所(ビーム・サントリー保有

・47%

・700mL、約4500円

 

メーカーズマークはアメリカ・ケンタッキー州にある蒸溜所で、メーカーズマーク 46は蒸留所の46番目のレシピであることに由来します。メーカーズマークでは、原料にライ麦ではなく冬小麦を使用しており、柔らかい口当たりが特徴ですが、このメーカーズマーク 46はさらに後熟させる樽にも一工夫施した一本です。後熟用の樽にはインナーステイブと呼ばれる仕切り板(焦がしたフレンチオーク材)が入っており、このためウイスキーと木材の設置面積が増えることで、より早く、より強い樽材からの影響を受けることになります。風味は、甘いキャラメルやバニラ、また樽材由来のウッディさが特徴です。

 

下はメーカーズマーク蒸留所の場所。アメリカ東部、ケンタッキー州に位置しています。バーボンと言えば、狭義にはこのケンタッキー州で作られたウイスキーの事を指します(ジャックダニエルはお隣のテネシー州ですのでバーボンとの表記は無いです)。

f:id:Liquor:20201123070338j:plain

 

後熟させる樽材の内部構造。メーカーズマークのHPから借用しました。中に仕切り板があることが分かります。樽材自体はアメリカンホワイトオークですが、この仕切り板はフレンチオークで、これが樽感やキャラメル感を増やす要因となっています。

f:id:Liquor:20201123070340j:plain

 

インナーステイブというと、以前紹介したイギリス・コンパスボックス社を思い出します。コンパスボックス社もかつて同じコンセプトのウイスキーを発売しましたが、スコッチウイスキー協会がインナーステイブを行った酒はスコッチウイスキーと認めない、という判断をしたため、修正を余儀なくされています。この辺はアメリカンウイスキーの方が新しい技術により柔軟だと感じます(日本は柔軟を通り越してテキトウな気がしますが・・・)

liquor366.hatenablog.com


(2)テイスティング

f:id:Liquor:20201123072941j:plain


【香り】

バニラやメープルシロップの甘い香り、クリーミーな練乳、スパイスやミントのような清涼感。通常のメーカーズマークと比べると樽材由来の焦がした木の香りもかなり強い。少量加水で、バニラの甘みとウッディさバランスがより調和し円やかになる。

 

【味】

スパイシーでアルコール感もあるパンチの効いた飲み口、キャラメルや樹液のような甘みと焦がした木材。少量加水で燃やした木材や牧草、ハーブのようなビターな味わいが強く前面に出てきて、個人的にはやや飲みにくくなった。

 

【総評】

クリーミーな甘みとスパイシーさ、樽由来のウッディさなど、シンプルでありながら飲みごたえ十分。スコッチ好きでも違和感なく楽しめる一本。少量加水は苦みが出てしまうので、ストレートか、もしくはハイボールにレモンを絞るような飲み方がオススメ。