ホームレス ドランカー

キルホーマン スモールバッチ 2019/Kilchoman Small Batch 2019 Release

(1)特徴

f:id:Liquor:20201110062806j:plain

------------------------------------------------------------------------------------

・キルホーマン スモールバッチ 2019/Kilchoman Small Batch 2019 Release

・キルホーマン蒸留所

・48.3%

・700mL、約8000円

・バーボン樽、マデイラ樽、シェリー樽

------------------------------------------------------------------------------------

 

キルホーマン蒸留所が少量限定スモールバッチにて販売しているシリーズの2019年リリース版。バーボン樽、マデイラ樽、シェリー樽で熟成後にバッティングしたもので、1260本限定で販売されたものです(通常ラインナップというよりも、キルホーマン蒸留所の実験的製品としての位置づけです)。熟成年数は未表記です。アルコール度数も通常のラインナップより高めで、よりピート感や樽由来の風味を強く感じることができる一本です。

 

なおキルホーマン蒸留所については、下記の記事も参照ください。

liquor366.hatenablog.com

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20201110062813j:plain


【香り】

磯感のあるスモーク、ヨード、イチジクやベリーの甘み、オレンジやレモンの甘酸っぱさ、ミントのような清涼感、サッパリ目のミルクチョコレート、生姜と黒コショウのスパイシーさ。加水するとバニラや練乳のような甘さが前面に出てくる。

 

【味】

オイリーでアルコールの刺激強め。レッドベリー、オレンジやレモンの酸味、バニラ、焦がしたブラウンシュガー、ダークチョコレートや灰のような粉っぽいビターさ、オーク感も強い。飲み込んだ瞬間にヨード感のあるピート香が広がる。余韻はピートスモークとオーク、スパイスや牧草のような香り。

 

【総評】

いかにもアイラというピートが強い刺激的な出来。ややアルコール感があるのは短熟のせいか?単にピート臭いだけでなくバーボン樽・マデイラ樽・シェリー樽それぞれに由来する風味も存分に出ていて、十分美味しく頂ける。アイラでもラフロイグが好きな人は系統が近く、ぜひ試してほしい1本。キルホーマンはそれぞれの樽由来の風味が上品で、アイラの癖を生かしながら、フルーティーさや甘さをうまく調和できていると感じる。少量の加水がベターで、。