ホームレス ドランカー

デュワーズ18年/Dewar's 18 year

(1)特徴

f:id:Liquor:20201021053159j:plain

デュワーズ18年/Dewar's 18 year

・ジョン・デュワーズ・アンド・サンズ

・40%

 

デュワーズ18年は、ジョン・デュワーズ・アンド・サンズ社(親会社はバカルディ)で製造されているブレンデッド・ウイスキーです。使用している主だった蒸留所としては、アバフェルディ、オルトモア、ロイヤルブラックラ、クライゲラヒ、マクダフの5つがあり、特にアバフェルディが核となって、特徴的な蜂蜜のような甘みを生み出しています。デュワーズ18年では、その蜂蜜感が豊かで、アルコールの角も12年に比べると丸くなっており、スムーズで甘い風味が特徴的です。

 

アバフェルディ蒸留所に訪問した際の感想については、下記サイトに簡単に記載していますので、参照ください。

liquor366.hatenablog.com

 

(2)テイスティング

f:id:Liquor:20201021053210j:plain


【香り】

蜂蜜、バニラ、生クリーム、洋梨、桃、プラム、ブドウ、バター、ハーブ、ナッツ、オーク。時間を置くとオレンジ系の柑橘感やフレッシュな青りんごも出てくる。加水すると花の蜜のようなフレッシュな甘い香りになる。

 

【味】

スムーズな蜂蜜、バター、ハーブ、オレンジピール、アーモンド。後味がオークとビターチョコレート。少しの加水でアルコール感がより取れて蜂蜜やバニラのようなクリーミーさが強調される。香りからはピート感はほぼ感じられないが、味わうと樽感と共に微かなピートが感じられる。

 

【総評】

熟成したバニラ感と完熟フルーツ、樽感がバランスよく楽しめる。12年と比べると同じベクトルにあるが仕上がりの良さは流石。適度なアルコール感もあり、水で薄めても蜂蜜感がしっかり残っているので、ロックでもハイボールでも楽しめる。