ホームレス ドランカー

ブリュードッグ ダブルパンク アンプリファイド・ダブルIPA/Brewdog Double Punk Amplified Double IPA

通常のダブルパンクと比べると度数相応のパンチの強さの濃厚さがあるが、度数の割には飲みやすい。オレンジの風味が酸味のある柑橘を通り越して、オレンジキャンディのような甘いニュアンスになっている。度数の高いビールというとベルギービールが代表格だ…

ブリュードッグ バーナードキャッスル・アイテスト/Brewdog Barnard Castle Eye Test

あくまでも商品名先行のビールなので、風味はブリュードッグの中ではオーソドックな柑橘やパイナップル、穀物感のあるヘジーIPA。旨いがこれでしか味わえない風味という訳ではない。とは言え、商品名にヘジービール(お前の眼は濁っているだろという皮肉)に…

ブリュードッグ マシュマロ&パイナップル ヘジーIPA/Brewdog Marshmallow & Pineapple Hazy IPA

マシュマロとパイナップルのフレーバーのトリッキーさが凄いが、モルトに大麦だけでなくオーツ麦や小麦も使用しているので全体的なバランスは乱れていない。風変わりな風味であることは間違いないが、飲み口はしっかりビール好きの人でも楽しめるようになっ…

ブリュードッグ ロックダウン マンゴー&パイナップルピルスナー/Brewdog Lock Down Mango & Pineapple Pilsner

ブリュードッグの柑橘感と相性のいいマンゴーやパイナップル風味のあるピルスナー。トリッキーな風味付けが多いシリーズだが、これはブリュードッグのピルスナーのもつ元々の風味と方向性が近く調和している。ビアカクテルのような仕上がり。

ブリュードッグ エルヴィスジュース/Brewdog Elvis Juice

グレープフルーツインフューズのIPAだが、グレープフルーツのような酸味の強い柑橘と言うよりオレンジのような甘みの強い柑橘感に近い。ビアカクテル的な風味。意外と甘みもしっかりあってまったりした後味で、さっぱり夏場に飲むというよりも冬向きの風味か…

ブリュードッグ レイヤーケーキ マシュマロ&チョコレートスタウト/Brewdog Layer Cake Marshmallow & Chocolate Stout

焼きマシュマロやチョコレート、ベリーケーキのような人工的な甘さがスタウトの上に乗っかっている。ブリュードッグの変わり者らしいトリッキーさだが、香りだけでなく風味までマシュマロやチョコレート感が支配している。スタウトとの相性は良く、そこまで…

ブリュードッグ ジャグドエッジ/Brewdog Jagged Edge

プレモルに近いホップ感に、グレープフルーツやパイナップルのフルーティさ。ビターさはそこまで強くないが、柑橘ピールのようなビターさが舌に長く残る。爽やかで切れ味の鋭いインディアペールエール。

ブリュードッグ ダブルパンク/Brewdog Double Punk

ブリュードッグの柑橘感に、ビターさと麦芽とカラメル感のバランスが取れた風味。クラフトビールの中では飛び抜けた個性は無いものの安定していて、安心する。度数があり飲みごたえはあるが、飲み疲れない、ちょうど良いバランス。

ブリュードッグ ジェットストリーム/Brewdog Jet Stream

柑橘やメロンのフルーティさに、正統派な麦芽やホップの風味。華やかさはそこまで派手ではなく、万人受けするようなバランスの良さ。(味覚が鈍くなる)航空機内で飲むことを想定してブリュードッグにしては骨太なつくりにしたのか?

ブリュードッグ ペールエール ウエストコースト・クラシック/Brewdog Pale Ale West Coast Classic

香りはブリュードッグでも際立ち、柑橘のほかにアプリコットや桃、メロン感もある華やかで濃厚なフルーティさ。飲むとスタンダードなペールエールにある麦芽やホップの風味が感じられ、やや水っぽいが軽快で飲みやすい。柑橘の風味も爽やか。万人に薦められ…

ブリュードッグ クロックワーク タンジェリン/Brewdog Clock Work Tangerine

まったりした麦芽感に、オレンジのフルーティさと酸味。ビールらしい要素は控えめで、少し水っぽい風味。飲みやすく、ごくごく行ける。暑い日に向いているテイスト。

ブリュードッグ ヘジージェーン/Brewdog Hazy Jane

ブリュードッグらしい柑橘や南国フルーツ感に加えて、桃やザクロのような要素もあり、香りはブリュードッグの中でもかなりフルーティな方に感じる。味はベーシックな麦芽とホップの風味に加えて、柑橘の爽やかさが楽しめる。クリーミーで骨太な風味。

ニューイングランドIPA ブリュードッグvsクラウドウォーター/New England IPA Brewdog Vs Cloudwater

ブリュードッグらしいフルーティな香り、味わいは正統派なIPAといった風味に穀物感が足された印象。ブリュードッグにしてはやや味に引っ掛かりがあるが、強い癖は無く飲みやすい。濃い味の食事と合わせて飲みたい。

ブリュードッグ ジュースシャック トロピカル・ミルクシェイクIPA/Brewdog Juice Shack Tropical Milkshake IPA

飲んだ瞬間は、ビアカクテルのような華やかな南国フルーツやミルキーさ。徐々に麦芽や穀物、ホップのハーバルな風味が支配的になってきてIPAらしく変化する。ブリュードッグお得意(?)のトリッキーな味だが、後半にかけては意外とちゃんとしたビールっぽく…

ブリュードッグ ロックダウン・クリームソーダ/Brewdog Lock Down Cream Soda

かなりエキセントリックな香り、味わうと甘みはあるがそこまで遊び過ぎていない、麦芽とホップの風味が主体。二面性がありとても楽しい。どこに需要があるのか分からないが(笑)、別に不味いわけではなく、挑戦的でネタとしても面白い一本。驚きがそこにある。

ブリュードッグ デッドポニークラブ/Brewdog Dead Pony Club

ブリュードッグ得意のホップ由来のフルーティさは勿論、草っぽいビターさもかなり強調されている。麦芽感は控えめで、後味もハーブのビターさが軽快に残る。ライトでぐびぐび飲める。

ブリュードッグ VS ソルト モデルシティズン/BREWDOG VS SALT - MODEL CITIZEN

華やかでフルーティなホップ感。濁りがあり、クリーミーな口当たりで、麦も小麦やオーツの穀物感もあり香ばしい。余韻に少し塩気があり、どっしり。華やかな香りから、穀物感のどっしりしていてやや飲み疲れる味。

ブリュードッグ ロストラガー/Brewdog Lost Lager

ブリュードッグらしい爽やかでフルーティなラガー。後味もサッパリ、ほのかにビターで飲みやすい。エールに比べるとどっしりしていて、ビールらしさとフルーティさがともに味わえてGood。

ブリュードッグ ジャックハンマー/Brewdog Jack Hammer

香りはブリュードッグらしいグレープフルーツに甘めのオレンジやパイナップル。味は強烈なホップのビターさとハーブ。麦芽の甘みも出ていて、口当たりは意外と円やかだが、余韻にかけてホップのフローラルさが更に増していく。

ブリュードッグ ライトスピード/Brewdog Light Speed

フルーティでめちゃくちゃ軽快。フルーツポンチのシロップと割ったと言われても信じるくらいの桃やオレンジ感。余韻にかけて麦や穀物、ホップのビターさが来るものの、総じてフルーティ。余韻も短く切れ味よく、非常に軽快で飲み疲れない。正にLight Speed。…

ブリュードッグ ロックダウン グァバ&グレープフルーツ/Brewdog Lock Down Guava&Grapefruit

レッドアイのグァバジュースバージョン。グァバやパイナップル、グレープフルーツを含んだミックスジュースとビールを1:1で割ったような風味(実際にはもっとジュースの比率は低いと思うが、ブリュードッグの元々のフルーティさも相まって非常にトロピカルフ…

ブリュードッグ デュオポリス/Brewdog Duo-Polis

クリーミーなフルーツジュース。沖縄で飲む南国フルーツのミックスジュースのような瑞々しいフルーツ感と、麦が混ざった穀物の円やかな風味。ヤクルト的な甘さもある。ホップの 香りも華やかだが、やや他の要素にマスクされていて穏やか。

ブリュードッグ ダブルヘイジー/Brewdog Double Hazy

無濾過で濁りあり。口当たりはかなりクリーミーで、サワークリームのような優しい炭酸と控えめなビターさ。香りは柑橘や南国フルーツ系で爽やか。味はポンジュース的な柑橘感。

ブリュードッグ パンクIPA/Brewdog Punk IPA

南国フルーツと上品なホップ、麦芽の旨味のバランスが秀逸。飲み疲れない爽やかさとパンチある風味が共存。流石イギリスのクラフトビールの先駆的な一本と感じさせてくれる。