ホームレス ドランカー

アードベッグ グルーヴス/Ardbeg Grooves

かなり強く焦がした樽の影響が出ていて、フルーティさも増しているが、それ以上にビターさが増した印象。かなり癖のある風味だが、甘めのチョコレートとの組み合わせは凄く良かったのでオススメ。

アードベッグ ドラム/Ardbeg Drum

ラム樽由来のフルーティもあるが、基本はどっしりアードベッグ。スモーキーでビターな余韻が長く心地良い。アンオーやウーガダールよりフルーツが熟した南国系に近く、ヨード感や塩気が強め。飲みごたえも十分あり美味い。ただどれが好みかと言われると、ウ…

アードボッグ/Ardbog

TENと比較すると、潮気と革製品を燃やしたようなスモーク感とゴムタイヤ感、チェリーのような甘みが違いとして感じられた。コアレンジ品でシェリー樽原酒を使っているウーガダールと系統は近いが、ゴム感(味わうとそこまで感じない)や強い潮気、チェリー感…

アードベッグ トリーバン 19年 バッチ2/Ardbeg Traigh Bhan 19 yo Batch No.2

アードベッグオフィシャルらしい、バーボン樽原酒主体の正統派な旨味に、シェリー樽由来のスパイシーさやフルーティさが上品に付加されている。スモーキーさと甘みとスパイシーさのバランスが調和。全体的には落ち着いてた風味で、現行のTENよりも旧TEN(ビ…

アードベッグ ウーガダール/Ardbeg Uigeadail

アードベッグの中でも冬に一番ぴったりな温かみのある風味。バーボン樽に加えて、オロロソシェリー樽由来のフルーティな甘みがあり、TENと比べると甘みの幅も広く、強い。カスクストレングスではないもののアルコール度数は54.2%と高く、ピート由来の磯臭い…

アードベッグ アン・オー/Ardbeg AN OA

【香り】木を燃やしたスモーキーさや磯感はあるものの、TENよりは穏やか。柑橘、カスタードクリーム、フルーツケーキ、灰っぽさの混じった藁、コーヒー豆。加水すると焦がしたオーク感と共に、練乳のようなクリーミーさが増す。 【味】これもTENに比べると穏…

アードベッグ ウィー ビースティ/Ardbeg Wee Beastie

(1)特徴 (2)テイスティング (1)特徴 ・アードベッグ ウィー ビースティ/Ardbeg Wee Beastie ・アードベッグ蒸留所 ・47.4% ・700mL、約5000円 アードベッグ ウィー・ビースティは、アードベッグ蒸留所が2020年にリリースした新たなコアレンジ商…

アードベッグ テン 新旧ボトル/Ardbeg Ten New&Old Bottle

(1)特徴 (2)テイスティング ①アードベッグ テン 旧ボトル ②アードベッグ テン 新ボトル ③総評 (1)特徴 ※左が旧ボトル、右が新ボトル ・アードベッグ テン 新旧ボトル/Ardbeg Ten New&Old Bottle ・アードベッグ蒸留所 ・700mL、46% アードベッグ…

【番外編】アードベッグ スモーキー・ポーター/ Ardbeg Smoky Porter

1. アードベッグ スモーキー・ポーターについて 2. テイスティング スコッチウイスキーの中でも特に熱狂的なファンが多いアーベッグ蒸留所。アイラ島らしいスモーキーな香りと、軽やかでフルーティーな飲み口が特徴です。本記事ではそのアードベッグ蒸留所の…